リウマチ科

リウマチは早期発見、早期治療が必要な病気です。気になる症状があったら悩まずにお気軽にご相談ください。
(リウマチの治療は近年大きく変化しています。治療によっては患者さんのその後の人生も大きく変わってきてしまいます。早めに専門医に相談しましょう。)

リウマチとは
 正式には関節リウマチと呼びます。以前は慢性関節リウマチと呼んでいたのですが、関節リウマチは早期発見、早期治療が必要であることが最近わかってきたので呼び名が変わりました。関節リウマチは主に関節の痛みや腫れいう症状が現れます。しかし全身の病気で、肺炎や血管の炎症も起こります。 一番症状が現れるのが手や指の関節ですが、その原因はよくわかっていません。進行すると関節の滑膜が異常に増え関節の中の軟骨、さらに骨が破壊されてしまうというのが主な症状です。リウマチに罹患している方は全国で60万人くらいいると推定されています。

リウマチの症状
 朝起きたときに手がこわばることから始まることが多いです。手・指の関節の腫れや痛みで始まることあります。左右の関節に対称性に腫れや痛みが出ることが多いです。疲れやすくなったりしたり、それほど高い熱ではないですけど微熱が続くとかいうような症状が出ます。


リウマチの検査
 血液の検査やレントゲン検査を行うことも重要ですが、検査では異常が出ない人もいます。診断には全身の症状やいつごろからどのように症状が出てきたがなどの情報が重要です。


リウマチの治療
飲み薬や注射がリウマチの治療の中心となります。関節リウマチに発症してから早期に治療行うほうが治療の効果が大きいことがわかっています。時期が遅れると治療効果が悪くなることから、窓にたとえてWindow Of Opportunity(治療機会の窓)と呼ばれています。最近は優れた薬が多く開発されています。窓が閉まる前に適切な治療を受けましょう。