整形外科

”こんなことで、クリニックにかかっていいのか?”と悩まずにお気軽にご相談ください。(痛みは体からの危険信号です。大きな病気も始めの症状は小さな痛みで始まることもあります。)

整形外科の守備範囲
 整形外科は、骨・関節・筋肉・靭帯・腱・脊髄・神経の病気、外傷(ケガ)による損傷、手足などの先天性疾患(生まれつきの奇形など)を治療し研究する医学の一分野です。


できるだけ運動機能を、回復させる(運動機能回復)
 そして整形外科の治療は、病気やケガを治し、できるだけ運動機能を元に回復させることを目的とします。


痛みをとること
 運動機能の障害だけでなく、痛みを主とする疾患の治療を行なうのも、整形外科の主要な仕事です。


病気の種類
整形外科一般
・怪我(打ち身、捻挫、脱臼、骨折、突き指、切り傷、すり傷)
・むち打ち症、首・肩の痛み、手足のしびれ・冷え
・肩こり、五十肩、手の痛み、肘の痛み
・腰痛、ギックリ腰、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、骨盤の痛み
・股関節の痛み、歩行障害、肉離れ
・膝の痛み、足の痛み、外反母趾、巻き爪
・骨粗鬆症、圧迫骨折
・痛風、腱鞘炎など

にお困り方はお気軽にご相談ください。

交通事故 労災指定